エアースルードライヤー

紙、不織布の乾燥(嵩高さを求められるシート)に採用頂いております。
エアースルードライヤーの周長で乾燥長を取れる為、設備スペースがコンパクトに収まります。
エアーがシートを通過することで、スリットノズル式に比べると一段と高い乾燥効率を得られます。また、ヤンキードライヤー等の接触乾燥では密度が高くなり嵩高さが失われますが、そのようなこともありません。
周長の前半と後半で、温度条件や風速条件を変えることが可能で、乾燥ゾーンとキュアゾーンとして使用可能です。

エアースルー開放状態
ドラムスルードライヤー