沿革

大昌鉄工所創設者 初代社長 福崎数逸翁像

  • 大正8年
  • 昭和16年
  • 昭和21年
  • 昭和29年
  • 昭和34年
  • 昭和38年
  • 昭和46年
  • 昭和57年
  • 昭和58年
  • 昭和59年
  • 昭和60年
  • 昭和63年
  • 平成元年
  • 平成4年
  • 平成6年
  • 平成7年
  • 平成9年
  • 平成11年
  • 平成12年
  • 平成13年
  • 平成14年
  • 平成16年
  • 平成17年
  • 平成18年
  • 平成19年
  • 平成20年
  • 平成21年
  • 平成22年
  • 平成23年
  • 平成25年
  • 平成26年
  • 平成27年
  • 平成28年
  • 平成29年
  • (株) 福崎鉃工所社長、福崎亀市が旧川之江市川之江町古町に
    おいて、内燃機関および製紙機械の製造を始める。
  • 海軍関政本部第6特需工場となる。
  • 製紙機械製造部門を新設、製紙機械分野を新開拓し、抄紙機、紙加工機の製造に着手する。
  • 製紙機械部門が発展して、愛媛県川之江市川之江町(現在は愛媛県四国中央市川之江町)に独立し、福崎数逸が代表者となる。
  • 有限会社 大昌鉃工所と組織を改め、抄紙機械並びに紙加工機の製造を行う。
  • 事業拡張に伴い、駅通り工場を現在地(本社)に移転する。
  • 株式会社 大昌鉃工所として改組、
    代表取締役に福崎数逸が就任。
  • 本社に隣接する工場兼倉庫を買収し業容の拡大を計る。
  • 工場団地に組立工場として大江工場完成、約3,300m2。
  • 創立30周年記念式典を挙行する。
  • 中華人民共和国広東省掲西県へ不繊布マシン輸出。中華人民共和国浙江省杭州市へ短網ヤンキーマシン、不繊布マシン輸出。
  • 本社新事務所4階建て完成する。
  • 創立35周年式典を挙行する。NC施盤数台、大型横中ぐりフロアー型を設置する。
  • 組織を改組。福崎数逸が会長に退き、
    代表取締役に福崎健司が就任。
  • 創立40周年を迎える。大型工作機を導入する。マシニングセンタMHA-1250MC1台、門型複合プレーナー2台。
  • メディカル関連装置製造のため、クリーンルーム室を整えた第3組立工場を増設。
  • 独身寮建設。NC油圧プレス等の製缶設備を一新。福利厚生、生産設備の拡充を計る。
  • 創立45周年を迎える。国内外のフィルム、乾燥炉関連機械の受注が伸びる。
  • 金生第6倉庫を購入する。
  • 販売管理システムを導入し合理化を推進する。機械加工棟、金生組立棟にエアコン設備導入。
  • 創立50周年記念式典を挙行する。
  • 立体マシニングセンター、大型旋盤を新たに導入。
  • ISO9001承認取得。福崎健司が会長に退き、代表取締役社長に福崎祥正が就任。平成18年 No.7、No8組立工場を増設。
  • No.7、No.8 組立工場を増設。
  • 大型正面旋盤導入。No.9組立工場を増設。
  • グッドカンパニー大賞・優秀企業賞受賞。
  • 5軸加工機導入。3次元CAD導入。CAD/CAM導入。3次元測定機・真円度測定機導入。
  • 中国江蘇省常熟市に”常熟大昌威譜机械有限公司”を設立。
  • No.10組立工場を増設
  • No.11組立工場を増設
  • 記念館 (食堂、大会議室) を建設
  • 大型ロール旋盤を増設
    マシニングセンターを更新/ASME規格を認証取得
  • No.12組立工場を増設
    NC旋盤を更新
  • No.6倉庫を増設
    大型ロール旋盤を増設